月別アーカイブ: 2018年12月


ウェブでふるさと納税(受付中)

ふるさと納税 甘エビ

ふるさと納税で甘エビはいかがでしょうか。

お刺身に入っているとうれしくなる甘エビ。甘エビの正式名は、ホッコクアカエビで’タラバエビ科のエビです。甘エビは深海5500m位に棲んでいるんですよ。

名前の通り甘くておいしい甘エビですが、甘エビを食べた時とろりとする食感。実はこの食感こそ甘エビの甘さですが、このとろみはタンパク質分解酵素の多さで変わるんだそうです。

タンパク質分解酵素が多いととろみが多くなり甘さが増しますが、深海500mとエビの中でも一番深い海の中にいる甘エビは温度が低いためこのたんぱく質分解酵素を多く持つんですね。

甘エビの甘さはそこからきていますというワンポイント甘エビ講座でした♪
甘エビのことを少しは知っておくと甘エビを食べるとき親近感がわくかもしれませんからね。

そんな甘エビをふるさと納税で返礼品としている自治体で人気はこちら。

甘エビの人気ランキングNo.1はこちら

ふるさと納税の仕組み

寄付金額だけをみると
「結構高いな」「これなら普通に買った方が安い」
と思うかもしれません。

しかしこの寄付金額が所得税や住民税から控除されます。
自分の控除額上限を把握してそのぎりぎりまでふるさと納税をすれば自己負担2,000円でこの自治体へ納税(寄付)できて、この返礼品がもらえる仕組みです。

しかも寄付したお金はその地方自治体の活性化のお役に立つことが出来ます♪

ふるさと納税の仕組みを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ=>ふるさと納税とは

甘エビを返礼品にしているその他の自治体はこちら


ウェブでふるさと納税(受付中)

ふるさと納税 カステラ

ふるさと納税でカステラはいかがでしょうか。

室松末期にポルトガル人が長崎に伝えたとされるカステラ。長崎カステラが有名なのはそれゆえでしょうか。

カステラの名前の由来はポルトガル語でパンという意味のカスティーリャから来ています。

カステラは小麦粉・鶏卵・砂糖、水あめやはちみつ、清酒、食塩などが入っていますが、その分量や焼き方の微妙な違いでそれぞれのお店の特徴が出てきます。

多くの人に愛されるカステラは日本を代表するお菓子ともなり、お土産屋贈答品に大変喜ばれています。

そんなカステラをふるさと納税で返礼品としている自治体で人気はこちら。

カステラの人気ランキングNo.1はこちら

ふるさと納税の仕組み

寄付金額だけをみると
「結構高いな」「これなら普通に買った方が安い」
と思うかもしれません。

しかしこの寄付金額が所得税や住民税から控除されます。
自分の控除額上限を把握してそのぎりぎりまでふるさと納税をすれば自己負担2,000円でこの自治体へ納税(寄付)できて、この返礼品がもらえる仕組みです。

しかも寄付したお金はその地方自治体の活性化のお役に立つことが出来ます♪

ふるさと納税の仕組みを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ=>ふるさと納税とは

カステラを返礼品にしているその他の自治体はこちら


ウェブでふるさと納税(受付中)

ふるさと納税 はちみつ

ふるさと納税ではちみつはいかがでしょうか。

昔から美容と健康にいいといわれるはちみつ。
はちみつにも加工品があって本当のはちみつの健康効果を得るためには純粋はちみつを選ばないといけません。

純粋はちみつには疲労回復効果、殺菌効果、保湿効果などさまざまな効果があり、その栄養成分の数は150種類以上と言われています。

はちみつはたくさんの栄養成分がバランスよく含まれている総合栄養食品なのです。

そんな国産純粋生蜜のはちみつをふるさと納税で返礼品としている自治体はこちら。

国産純粋生蜜はちみつはこちら

ふるさと納税の仕組み

寄付金額だけをみると
「結構高いな」「これなら普通に買った方が安い」
と思うかもしれません。

しかしこの寄付金額が所得税や住民税から控除されます。
自分の控除額上限を把握してそのぎりぎりまでふるさと納税をすれば自己負担2,000円でこの自治体へ納税(寄付)できて、この返礼品がもらえる仕組みです。

しかも寄付したお金はその地方自治体の活性化のお役に立つことが出来ます♪

ふるさと納税の仕組みを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ=>ふるさと納税とは

はちみつを返礼品にしているその他の自治体はこちら


ウェブでふるさと納税(受付中)

ふるさと納税 蕎麦

ふるさと納税で蕎麦はいかがでしょうか。

大みそかに縁起がいいとされる年越しそば。細く長い蕎麦が「長寿」とかけて縁起がよいとされています。この風習はすでに江戸時代からのもので、蕎麦に含まれる「ルチン」は毛細血管の壁を強くする作用があり高血圧を予防すると言われています。

カロリーの低い蕎麦はダイエット食としても人気で年越しそばだけでなく一年を通して食されるようになりました。夏の暑い時期、食欲がない時でもさっぱりしたざるそばなら食べられるということもありますね。

年越しに食べる年越しそばは暖かいスープに入った汁蕎麦。寒い冬に暖かい蕎麦を食べて体の中から暖かくなると気持ちも暖かくなれますね。

そんな国民から愛されている蕎麦はお歳暮にも大人気。そんな蕎麦をふるさと納税で返礼品としている自治体でお歳暮や年越しそばに間に合う、1週間程度で配送してくれる人気はこちら。

蕎麦の人気ランキングNo.1はこちら

ふるさと納税の仕組み

寄付金額だけをみると
「結構高いな」「これなら普通に買った方が安い」
と思うかもしれません。

しかしこの寄付金額が所得税や住民税から控除されます。
自分の控除額上限を把握してそのぎりぎりまでふるさと納税をすれば自己負担2,000円でこの自治体へ納税(寄付)できて、この返礼品がもらえる仕組みです。

しかも寄付したお金はその地方自治体の活性化のお役に立つことが出来ます♪

ふるさと納税の仕組みを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ=>ふるさと納税とは

蕎麦を返礼品にしているその他の自治体はこちら


ウェブでふるさと納税(受付中)

ふるさと納税 ローストビーフ

ふるさと納税でローストビーフはいかがでしょうか。

ローストビーフはイギリスの料理でイギリスではマッシュポテトやヨークシャプディング、野菜などと一緒に頂きます。

ローストビーフは厚めに切って肉汁から作ったグレイビーソースをかけて食べるのが一般的な食べ方です。

周りがこんがり焼けていて中が赤っぽいローストビーフはよく日本語で肉のたたきとか言われますが、実は全く違うんですね。
たたきは周りを焼いて中は生のままのお肉のことをいいますが、ローストビーフはオーブンでこんがり焼くため中は赤っぽいんですがちゃんと火が通っています。

そのためたたきはできるだけその日のうちに食べた方がいいのですが、ローストビーフは残ったらサンドイッチの具にすることもできますよ。

そんなローストビーフをふるさと納税で返礼品としている自治体で人気はこちら。

ローストビーフの人気ランキングNo.1はこちら

ふるさと納税の仕組み

寄付金額だけをみると
「結構高いな」「これなら普通に買った方が安い」
と思うかもしれません。

しかしこの寄付金額が所得税や住民税から控除されます。
自分の控除額上限を把握してそのぎりぎりまでふるさと納税をすれば自己負担2,000円でこの自治体へ納税(寄付)できて、この返礼品がもらえる仕組みです。

しかも寄付したお金はその地方自治体の活性化のお役に立つことが出来ます♪

ふるさと納税の仕組みを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ=>ふるさと納税とは

ローストビーフを返礼品にしているその他の自治体はこちら