WEBでふるさと納税!さとふる

ふるさと納税とは

ふるさと納税って聞いたことあるけどなに?

ふるさと納税とは

  • 地方自治体に寄付をして税金が控除される。
  • 寄付した地方自治体からお礼として豪華な返礼品がもらえる。

そういう制度なのです。

ふるさと納税の目的とは

どうしてそんな事があり得るのか不思議でした。

でもちゃんと目的があったのです。

それは地方の自治体は若者が都会に出て行ってしまい
税金を払う人がいなくなってきてしまったのです。

お金がないと町はどんどん寂れてしまいます。

そこでこのふるさと納税を使って地方の自治体にお金が流れるようにしたのです。

ふるさと納税のしくみ

ふるさと納税として自分の応援したい自治体へ寄付をします。

その寄付金額が所得税や住民税から控除されます。
つまり節税ができるのです。

年収600万円の人の例

ふるさと納税した年の支払い税金: 所得税+住民税 180万円 +ふるさと納税

ふるさと納税をした翌年の支払い税金:所得税+住民税 180万円 ―ふるさと納税控除分

ただしふるさと納税控除額は上限があります。
控除上限額は、年収や家族構成、住んでいる地域などによって異なります。

自分の控除額上限を把握してそのぎりぎりまでふるさと納税をすれば自己負担2,000円で数万円を地方の自治体へ納税(寄付)できる仕組みです。

年収別自己負担2,000円でふるさと納税できる目安の金額

  •  年収300万円 : 19,000円
  •  年収600万円 : 68,000円
  •  年収800万円 : 120,000万円
  •  年収1,000万円 : 166,000万円

これぐらいの金額までふるさと納税すれば実質2,000円の負担になるという目安です。

ご自身の目安額を知りたいときはこちらが便利。
ふるさと納税控除上限額シミュレーション

給与収入と家族構成を入れると控除額の目安が出てきます。

ただし気を付けたいのは寄付をするタイミングです。

1月1日から3月31日までの間にふるさと納税すると控除対象となるのは翌年分で実際に控除を受けられるのは翌々年です。

ふるさと納税 返礼品

地方自治体へ寄付するだけでどうしてそんなにふるさと納税が人気なのか。

それはふるさと納税の返礼品です。

ふるさと納税するとその自治体から返礼品がもらえるのです。

その返礼品欲しさに多くの人がふるさと納税をするようになりました。

というのも実質2,000円ほどで信じられないぐらい豪華な返礼品がもらえるからです。

 

地方自治体も自分のところへ納税して地域を活性化させたいと

返礼品に知恵を絞っています。

では自分はどこの地方自治体の返礼品に興味があるのか。

今ではそれが簡単に調べられるようになりました。
そしてパソコンから簡単操作で申し込めるようになったのです。

だから一層ふるさと納税する人が増えてきたのですね。

 

ふるさと納税の返礼品を探すならここ